ポケットWi-Fiの基礎知識

ポケットWi-Fiとテザリングの違いをサクッと解説!

インターネット通信を快適に行うためには、ポケットWi-Fiにするべきか、費用をおさえるためにテザリングにするべきか悩んでいる方は多いと思います。

まずはテザリングとポケットWi-Fiの意味を簡単に説明していきます。

テザリングとポケットWi-Fiの違い

テザリングとは?

スマートフォンを無線ルーターに見立てWi-Fiを利用してほかの機器に接続する方法。
またパソコンやゲーム機なども接続でき、複数同時につなぐこともできます。

ポケットWi-Fiとは?

持ち運べる通信端末のことを指します。

その名の通り小さめのサイズで自宅でも外出先でも持ち運べて手軽にインターネット接続が使えます。

どちらが自分に合っているのかよくわからないと思いますので、ここでポケットWi-Fiのメリットデメリットを比較してご紹介いたします。

まず最初にポケットWi-Fiのメリットをご紹介いたします。

ポケットWi-Fiのメリット

1.バッテリーの長持ちがいい

ポケットWi-Fiは、平均すると約10時間以上連続して行えるので気にすることなく使えます。

2.回線の通信速度が速い

ポケットWi-Fiのほうがやはり回線の速度が速いため、テザリングよりも高速なネットを利用できます。

3.配線の工事がなく契約するとすぐに使える

自宅でネット回線をつなげようとすると、時間がかかってしまいすぐにつなげないのでポケットWi-Fiがあれば工事もなくすぐにネットにつないで使えます。

4.通信制限を気にせずに使える

無制限プランなどあるため気にせずたくさん使える

ポケットWi-Fiのデメリット

1.端末の購入が必要

やはり端末がないと利用できないことです。

2.持ち運ぶ必要がある

ルーターを持ち運ばなければいけないので面倒かもしれません。
ただしいろいろ種類があるので軽量のサイズを選ぶといいかもしれません。

3.地域や場所によって回線が安定しない

つながりにくい場所や地域によって高速通信ができない所もあります。

テザリングのメリット

1.持ち運びやすい

スマートフォンだけいいので手ぶらでもお出かけがしやすいです。

2.ルーターの購入が必要ない

購入する必要がないためその分お金を節約できます。

3.急ぎがあってもすぐに対応できる

一般的にほとんどの方が所有しているので急ぎで使いたい場合すぐ接続して使うことができます。

テザリングのデメリット

1.バッテリーの消耗が激しい

テザリングはスマホを使うことになるので、複数の同時接続をする際に電波の送受信を繰り返すためバッテリーの消耗が激しくなってしまうこともあります。予備のモバイルバッテリーを持たなければなりません。

2.月々の料金

スマホだけでいいのでテザリングがお得だと思いきや、テザリングを使うとデータの通信を行うため契約しているギガ数では足りなくなってしまう可能性があります。そのためギガ数を増やすためにはお金がかります。

3.通信速度が遅い

同時接続をすると通信速度が低下します。

4.テザリングが利用できないスマホがある

中には利用できないスマホがあるので注意して使いましょう。

5.通話をしているときは利用ができない

テザリングをしている状態で電話に出てしまうと通信が切断されてしまいます。

ポケットWi-Fiとテザリングの違い(まとめ)

ここまでポケットWi-Fiとテザリングのメリットデメリットをご紹介しました。

スマートフォンをルーターにしてどこでも使えるテザリングはすごく便利な機能です。しかし通信料やバッテリーを気にしながら使う必要性があるのでポケットWi-Fiと比べると使い勝手は悪いと思います。

初期費用が掛からず安いからと言ってテザリングを使うと、後々の追加料金、バッテリーの消耗などの弊害が後々出てくることになります。

比較してみるとポケットWi-Fiのほうが使い勝手もよく、料金も安いプランがあるのでポケットWi-Fiをおすすめします。

ポケットWi-Fiのなかでも特にオススメなのが、契約期間の縛りなし・初期費用なし・月額3,300円の3拍子が揃った『縛りなしWiFi』です。

ポケットWi-Fiを借りるうえでネックになる契約期間の縛りや解約違約金、初期費用がないので、初めて借りる人で安心して借りることができます。

安いからといって質が悪いかと言われるとそんなことは全くなく、大手と遜色なく利用することができますよ。

実際に私自身が契約してレビューをまとめているので、参考にしていただければ幸いです。

>>実際に縛りなしWiFiを利用したレビューはこちら